ギターエフェクトの購入方法

一般に、電子楽器の信号を変更して最終的なサウンドを変更するデバイスは、エフェクトと呼ばれます。 エフェクト(FXとも呼ばれます)は、リミッターまたはエキスパンダーの設定から色域を実行できるので、微妙にそれらを検出して、オリジナルのサウンドが認識できないほど強烈なSF変調エフェクトにすることができます。

エフェクトジェネレーターの種類

エフェクトジェネレーターの種類
エフェクトの要点は、ギターまたはベースのサウンドを音楽的な文脈でより良くすること、またはそれを新しくて異なったものにすること、または単に奇妙な音を出して楽しむことです。 (多くのエフェクトプロセッサは、何時間もそれらをいじくり回すだけの少年の喜びを与えることができます。)
エフェクトジェネレーターの種類
最も目立ち、よく見られる効果は、ギターまたはベースプレーヤーの前の床によく見られる小さな3インチまたは4インチの四角いボックスです。 これらは、プレーヤーが効果をオンまたはオフにするために踏む大きな鋼製のボタンにより、ストンプボックスと呼ばれます。 1つまたは複数のエフェクトを継続的に制御するための足踏みを備えたフロアボックスもあります。
エフェクトジェネレーターの種類
プレーヤーが自分の足で押すための大きなボタンと複数のタイプのエフェクトも備えた、より大きなフロアユニットも一般的です。 これらのタイプのエフェクトはすべて、エフェクトペダルと呼ばれます。 ラックマウントエフェクトは、フロントパネルを使用して標準の機器ラックにマウントするためのものです。 多くの場合、これらには関連するフットコントローラーが付属しています。 最後に、最新のアンプの多くは、アンプのプライマリコントロールパネルまたはオプションのフロアコントローラのコントロールを備えたビルトインエフェクトを備えています。 何年にもわたって使用されてきたエフェクトには他にもたくさんの特殊なタイプがありますが、大部分は以下のカテゴリの1つを単に変更したものです。

どこから始めれば

どこから始めれば
もちろん、楽器を演奏することを学ぶことはその音を修正することよりもはるかに重要ですが、早い段階でエフェクトをいじることは、多くのハードな練習をせずに楽器に取り組み、その音域を学ぶのに楽しい方法です。 さまざまなストンプボックスが世の中にあり、その多くは非常に低価格のタグが付いているため、素晴らしい贈り物になり、初心者プレイヤーに新しい次元の楽しみを追加できます。
どこから始めれば
あるいは、非常に安価なマルチエフェクトペダルの幅広い選択肢があり、多くのさまざまなエフェクトタイプで足を濡らすことができます。 エフェクトを内蔵した練習用アンプも、始めるのに最適な方法です。 最新のマルチエフェクトユニットとアンプのほとんどは、経験豊富なエンジニアがボタンを押すだけで音が鳴るように作成されたプリセットを備えています。 あなたが典型的なプレーヤーであるなら、あなたはあなたのプレー歴の上で数十の異なるエフェクトボックスを採用し、放棄します。
どこから始めれば
しばらくプレイしている場合は、アーティストインタビュー(Musician's Friendのオンラインでのインタビューなど)を参照して、お気に入りのアーティストが署名トーンを作成するために使用しているものを見つけてください。 また、クラブのショーで遅くぶらついたり、早く現れた場合、ほとんどのプレーヤーは自分のリグについて話そうとしています。
どこから始めれば
最後に、そして最も重要なこととして、当社のWebサイトにほとんどのエフェクトについて投稿したサウンドバイトを確認してください。 これらは、プロが使用するときにこれらの各エフェクトが何を実行できるかについてのアイデアを提供します。 このガイドを読みながらサウンドバイトを参照すると、さまざまなエフェクトのサウンドがより具体的にわかります。

リバーブ

リバーブ
概して、遅延効果は信号を2つの同一の信号に分割し、一方を一時的に抑制し、他方をリアルタイムで再生できるようにします。 信号は出力で1つにミックスバックされます。 通常、遅延の長さと影響を受ける信号の量と、「ドライ」(影響を受けない)のままの部分を制御できます。 ほとんどの効果に見られるこの後者のコントロールは、通常レベルコントロールと呼ばれます。
リバーブ
リバーブは最も自然なエフェクトです。 バスルームやコンクリートの階段で歌ってリバーブを体験できます。 このタイプのサウンドは、スプリングの両側にトランスデューサーを置き、ギターまたはベース信号を流すことで簡単に複製できます。 スプリングリバーブは、1960年代初頭から多くのギターアンプに搭載されてきました。
リバーブ
リバーブは、サウンドを厚くし、エッジを柔らかくして、大きなホール(またはバスルームや階段)で演奏しているように聞こえます。 リバーブを使わないレコードはほとんどありませんが、慎重に使用してください。 重いリバーブはほとんどの場合悪い音に聞こえます。 専用のリバーブユニットを購入すると、数種類のリバーブから選択できます。
punctul.com © 2020