ディナーパーティーでの行動方法

この記事では、ディナーパーティーのエチケットの基本事項を説明します。 フォーマルまたはセミフォーマルなランチパーティーやディナーパーティーであなたを助ける良いテーブルマナーについて学ぶために読んでください。 ここでは、フォーマルまたはセミフォーマルなランチパーティーやディナーパーティーで役立つ、テーブルのマナーについての説明があります。
ナプキンを広げて膝の上に置きます。 座った後、時々唇や指を拭くときに使用します。 夕食の終わりに、ナプキンを整然と場所に置いておきます。
食べ物の順番を待ちます。 テーブルで最も年上の女性に、次にランクの高い順に他の女性(通常は、ロイヤルティが残っていなければ年齢と同じです)、そして最後に紳士にサービスを提供するのが伝統的です。 ホステスが食べ始めるまで食べ始め、そうすればいい。
プレートの横にさまざまなカトラリーセットがたくさんある場合は、外側から始めて作業します。 疑問がある場合は、他のゲストが何をしているか/使用しているかを確認してください。
ハンドルを手のひらに、人差し指を上に、親指を下にしてナイフとフォークを持ちます。
食べている間、ナイフとフォークを一口の間の皿のどちらかの側に置きます。 食べ終わったら、皿の中央に並べて置きます。
食べ物を試してみてください。 食べられないようなお料理をご提示された場合は、少々お試しをお願いいたします。 または、少なくとも、少し切り取って、プレートの周りに移動します。 十分に食べたかのように感じる場合は、プレートの片側にいくつかの食べ物を残すことはまったく問題ありません。 一方で、お皿をあまりきれいにしないで、何日も食べていないように見えないようにしてください。
周りのゲストと丁寧に会話しましょう。 ディナーパーティーは食べ物だけではありません。 彼らは社交的な機会であることを意図しています。
出発する前に、ホスピタリティについてホストとホステスに感謝するように心がけてください。
ホストとホステスに個人的なメモを送り、その後すぐに楽しい夜に感謝します。
子供をディナーパーティーに連れていくことはできますか?
子供がいて、招待されているかどうかが不明な場合は、ディナーパーティーの前に主催者に連絡して尋ねてください。 単に子供を連れてくることの適切さについてはあなたには明確ではなく、ベビーシッターを組織する前に確認したいだけであることをホストに知らせてください。 招待されている子供たちについて明確でない場合は、単に子供たちを連れて来ることは適切ではありません。
投げたらどうする?
ディナーパーティーに参加することはほとんどありません。 そもそも、体調が悪い場合や、特別な食事が必要な場合は行かないでください。事前にホストによく知らせてください。 しかし、夕食会に参加するほど運が悪い場合は、謝罪し、自分を片付けて片付けてください。 ホストはおそらく混乱を片付けようとし、すべての段階に応じて、人々が別の場所に移動するか、夕方の終了を要求するように提案します。 体をきれいにした後、体調が悪すぎない限り、ごみの掃除を手伝ってあげましょう。 礼儀正しいこととして、イベントの後に謝罪のメモを送ってください。 時々これらのことが起こります。
ディナーパーティーに何かを持っていくべきですか。
招待されたことを感謝し、ホストが直面する問題を認める贈り物をホストに持ってくるのは良いマナーです。 適切な贈り物と思われるものは何でも持てますが、標準的な贈り物には次のものが含まれます。ワインまたはシャンパンのボトル、チョコレートの箱、花の束、または小さなギフトバスケット。
トイレの使用はどうすればいいですか?
家の主人か主人を見つけて丁寧に「トイレを貸してもらえますか?」と尋ねます。 「はい」と答えたら、「どこにあるか教えていただけませんか。ありがとうございます。会話を中断してごめんなさい」と続けることができます。 それらの線に沿った何かは礼儀正しく、要点があります。 人々はこれを求められることを期待しているので、心配しないでください!
げっぷをするとき、私は何をすべきですか?
げっぷをするつもりであると感じた場合は、それをしっかり押さえてみてください。できない場合は、げっぷをするときに口の前でナプキンを押さえて目立たなくします。 誤ってげっぷをして、それが非常に目立つ場合は、テーブルに謝罪してください。
ゲストをパートナーにしたい場合は、必ず最初にホストに確認してください。 あなたがパーティーを主催しているのがあなたであり、あなたのゲストが予期しない友人と一緒に到着した場合、礼儀正しく礼儀正しく、別の時間にあなたの不親切なゲストと話してください。
時間を厳守してください– 10分以上遅れることはありません。
デザートはスプーンとフォークの両方で食べることができますが、ケーキやペストリースタイルの甘い場合はフォークだけで食べることもできます。
女性がバスルームで言い訳をしたい場合は、紳士がテーブルを離れるときに立ち上がって再度座り、戻ったときにもう一度立つのは礼儀正しい。
あなたのホストとホステスへのささやかな贈り物を持っていくのは礼儀正しいと考えられています。 花、チョコレート、シャンパン、ワインはいつでも大歓迎です。 もしあなたがホスト/ホステスを十分に知っているなら、彼らが夕食に持っていくために何かを持ってくる必要があるか彼らに尋ねて、それを絶対に持ってきてください。
招待状を受け取ってから1週間以内に必ず返信してください。
良いディナーパーティーのエチケットは、ホストの選択する食べ物とワインに関してある程度の外交を伴うことがあります。 あなたがもっと上手くできると感じたとしても、あなたの批判を決して与えないでください。 褒め言葉を払うことができないと感じた場合は、少なくともこの件について沈黙を守ってください。
エンドウ豆、スイートコーンの穀粒、米または他の同様の食品を食べるために使用されない限り、フォークを裏返してはなりません。 フォークは決して右手に移さないでください。 しかし、カジュアルなビュッフェやバーベキューでは、フォークだけで食べるのはまったく問題ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。
推奨されるドレスコードがあれば、それに従ってドレスアップします。 ホステスを「ドレスアップ」しようとしないでください!
信じられないかもしれませんが、スープを一滴もらえるようにボウルを手前に傾けるのはまったく問題ありません。
  • 熱いスープを吹き飛ばさず、かき混ぜて冷まします。 エチケットの専門家は、スプーンにスープを入れてすくうための適切な方法を言う。
政治やセックスなどの微妙なトピックについて話さないようにしてください。 あなたはそれをぎこちなくして、人を不快にするかもしれません。
つまようじが用意されていない限り、歯を選ぶのは非常に厄介で魅力的ではありません。 指を舐めるのはとても魅力的ではありません! 後者の唯一の例外は、骨で肉や家禽(鶏の脚や肋骨など)を食べる場合です。 その場合、フィンガーボウルを用意する必要があります。
食べ物、ワイン、または調味料に到達するために他のゲストを横切ってテーブルを横切って伸ばしてはいけません。 代わりに、近くに座っているゲストにアイテムを渡してもらいます。
口をいっぱいにして話さないでください。
ズルズルとげっぷのような大きな食い騒ぎは非常に失礼です。
ワインを飲みすぎて恥ずかしくない。 各コースで異なるワインが提供される場合、各グラスを仕上げないことはまったく問題ありません。
パンをスープにつけたり、ソースをふき取ったりすることは、一般に良い食卓のエチケットとは見なされていません。
punctul.com © 2020